Amazonで映画を購入しよう!

改めて見ると、「オリジナル」の凄さを感じました。

先日放送された、「特捜最前線2013」を、
家族で見ておりました。
私はリアルタイムでは見た事はありませんが、
お昼間や夕方の再放送を見た事は何度かあります。
仁谷英明さんのシブい芝居と、
他の役者さん達も渋い配役で、
そして当時としても非常にアクションの多い、
刑事ドラマだったと思います。
(特に後半から登場した、
藤岡弘さんと大滝秀治さんが、
私は好きでした。)
今回は主演が上川隆也さんでしたね。
少しマスクが甘いかなとは思いましたが、
中盤から徐々に緊迫感を増していくストーリー、
それぞれの登場人物の個性、
終盤の激しいアクションシーン。
ドラマとしても、エンターテイメントとしても、
楽しめた事は楽しめました。
元々、撃ち合いあり、アクションありの刑事ドラマは、
大好きだったので、久し振りに単発ドラマで、
そういう「動き」のあるドラマを楽しめました。
ですが、弟曰く最後の撃ち合いの、
アクションシーンに一言、ツッコミを挟みました。
(番組を見終わってからですが。)
「あんなに刑事の援護射撃があるのに、
何で2丁拳銃の相手に勝てないんだよ。」と。
(弟も的を得た事を言うなぁと思いました。
私もそう思っていたので。)
映画は今までビデオを借りてきていたけど、
これからはAmazonのレンタルビデオを利用しようと思います。

コメントを残す